eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2009-10

神保町 古本祭

に初日からいったところ、前方から人だかりが移動してきた。
見ると、タモリが背の高い白人と話しながら歩いてきているのを撮影していた。
どうやらNHK「ブラタモリ」の撮影らしい。そういえば、アシスタントらしい女性もいたが、彼女の印象は薄かった、というか、この番組自体に興味がなさそうなアシスタントではある。

道端に露店を出している古書店の人たちは、さすがに専門家らしく、「ロバート・キャンベルが、タモリと歩いている」と携帯で仲間に伝えていた。
俺は、ロバート・キャンベルの名前は、すぐには出てこなかったな。尤も「J文学」なるものに興味がないからでもある。

この日は休日ではないため、すずらん通りに露店は出ていなかった。実はここの露店で飲み食いするのが楽しみ。ミルクティー、ホットワイン、ローストビーフサンド、グリーンカレー、餃子、焼きそば、書いているときりがない。

靖国通り沿いの露店をひやかしながら歩き、小宮山書店に至る。これまで店に入った記憶がないのは何故だろうか。いつもスルーしていたようである。写真関係の書籍が多いので、すなわち入店す。4階に行くと高価な写真集がおいてあった(俺の持っているようなものもいくつかあったな)。そこで悪いことに鬼海弘雄氏の写真をあしらったTシャツが置いてあった。柄は3種類。「東京迷路」の表紙の眼鏡屋の写真のTシャツがあったので購入した。5000円だったか。この時点で貧書生である俺の本日の予算は尽きかけている。さらに小宮山の露店で荒木「冬物語」が1000円だったので購入。しかし家に帰るともう1冊あった(w。刊行当時、金がなくて買えなかったので、安く売っていると条件反射的に買ってしまっているようだ。

さらに源喜堂を目指して歩を進める。店内の品揃えはいつもどおりかな。特に触手は動かず。

さて、ここからがこの日のハイライトです。

靖国通りを本郷通り方面に少し進むと、優美堂という古い額縁屋がある。富士山の看板で有名。まずは、とおりの向こう側から、ヤシカML80-200/F4のズームで数枚撮影。卓上三脚を使ったが、たぶんブレてるだろう。道を渡って、広角で数枚撮影。そのとき、店のおばさんと目が合った。撮影させてもらったので、こちらは目礼する。と、「あんまりボロだから、撮影したのかい」と話しかけられた。
「いえいえ、富士山がいいから撮ったんですよ」
「富士山よりもすごいのは、この店の防空壕だよ」
「なんですか、それ?」
「ここを見てごらん、この床のところ(鉄の格子あり)が防空壕の入り口で、出口は後ろの部屋のほうにあるよ。そして、これが息抜き用の穴(丸い穴に、風呂場にあるような丸い金属の格子つきのふたあり)。入り口があって出口がないと、中で蒸し焼きになってしまうからね。うちは70年前に立てた家で、これは60年前に作った防空壕」。ちなみに御年90歳とか、そう見えないほど若々しい。いろいろとお話を聞かせてくれた。メモをとっていたのではないので、以下、年代とか多少つじつまが合わないかもしれません。
「この扇風機見てよ、60年前のもので、今でもしっかり動いてる。こういうの、見たことあるかい」
「田舎育ちなので、似たようなものを見たことがあるが、これほど大きいのは見たことないです」
「そうでしょう、これは羽もプラスチックでないし、しっかりできているから、今でも動くくらい丈夫なんだ。お金がなくなったら売ろうと思って、あと10台くらいしまってあるよ」
「看板の富士山は、いまはちゃんと描ける人がいなくなって、あのままになっちゃった。あんた、トタンて知ってるかい。トタンだから、ペンキを剥がすのもちゃんとやれる人がいないし、トタンにしっかりとくいつくペンキで描いてもらわないといけないけど、いまはそういう人がいない。それに、うちは額縁屋だから、ちゃんとした富士山を知っている。だから、中途半端な人には描かせられないので、こうなっているんだよ」
「このあたりは、空襲で焼けちゃったけど、うちから後ろは焼け残った。それはニコライ堂があるから爆弾を落とさなかったという話だよ。このあたりもいまは古本屋さんがなくなって新しい店ばかりになった。でも古本を見に来る人には、店がかたまっているほうが見やすくていいかもしれないね」
「私は車の免許を取って50年以上たっている。そのころはこの界隈で車は1台しかなかった。うちは額縁屋だから、配達に必要なので、お父さんに免許を取れといわれて、とった。試験もあまりなかった。なにしろ、車の台数が少ないんだから。このお父さんは怖い人だったが、先を見る目はあったので、手広く商売をしていた。
赤坂の参謀本部にも額縁を届けたよ。遺影用の額縁。戦後は進駐軍にも納入した」
「それにしても戦争はやるもんじゃない。病院船というのは、どの国も手出ししていけないのに、撃沈された事件があった。戦争は勝ったもんには口を出せないけれど、そういう事件があったのは知っている」
そばにあった写真(モノクロの4つ切りくらい。誰かが撮影して進呈したのだろう)を手にとって、
「これはいつごろの写真かね。このころは、店のシャッターも両方開けていたね」
このときは半分だけあけていた。長野?オリンピックののぼりが写っていたので、10年位前ではないかというと、
「このころは、電話番号に3がついたころかね。うちの電話番号は『ニクイ、けどヤサシイ』と覚えると楽なんだよ。でもいまは『ミニクイ、けどヤサシイ』になっちゃった。でも、やさしいからちゃんと商売になるんだよ」。
もっといろいろお話を聞かせてもらったが、残念ながら忘れてしまった。このとき、おばさんのポートレートを撮ったりできれば、おれもエライ人になれるのだが、お話だけで満足してしまって、挨拶だけして帰りました。

神保町、やっぱりいい町です。
スポンサーサイト

写真展二つ

暇を見つけて、二つの写真展に行ってた。

・六田知弘写真展「Al oeste 西へ」(gallery uchiumi)
サンチアゴ巡礼路の道々での写真だそうです。
ロマネスク建築の人物像も良いのだが、なぜか、風景やらちょっとしたドアノブ(のそばのキリスト像とか)に心惹かれた。
気に入ったのは、岩の塊が重なり合っている写真。なにやらアンドリュー・ワイエスを思い出した。岩そのものの実在感が感じられる。また、女子修道院の内部の写真2点(奥の窓から光が差し込むもの、ろうそくのともっているもの)。
巡礼路の終わりらしい海を臨む岬からの写真。

こじんまりとした感じのいい画廊だったのだが、もうちょっと写真点数が多くても良かったかな、と。

・小林伸一郎「HACHINOHE CITY」(講談社ショールーム・K-スクエア)
この方、廃墟写真では盗作?疑惑があったりするが、写真そのものは素直。
とくに、八戸の人たちを正面からとらえたポートレートが良かった。
一方、風景写真(landscapeとかいったほうがいいか?)のほうは、ニューカラーが好きなんだろうな、と思わせる写真。それ以上のものではないような気がする。

どちらかといえば、ポートレート中心のほうが良かったように思うが。
背景と一体となった人物写真のほうが、風景も人も生きるように思えた。

良記事 朝日歌壇コラム「岡野弘彦さんのすさまじい挽歌」

朝日新聞 2009年10月21日付

岡野弘彦先生が、教え子である故海老沢泰久氏にささげた挽歌を紹介している。
和歌、俳句の本を読むほどではないので、このような記事は非常にありがたい。

(一部引用)
魂まつる盆の夕べぞ男ざかりの命尽くして君すでに亡し
※中略 他、2首あり

冒頭の三首から痛恨の逆縁に身を震わせる師の姿をしかと知る。歌壇の長老の言霊のすさまじい力あらためて驚く。

(引用終わり)

この記事が署名記事でないのが残念です。

民主党は青島幸男でよろしい(ただし都知事時代のごく初期)。

青島幸男という人がいて、国会議員になったり、都知事をやったりした。
この人の都知事時代の功績は、世界都市博を中止したことぐらいだろうか。
でも、それで十分。下手にいろいろやってくれない方がありがたいということもある。

民主党にも、同じようなことを感じる。
ダムとか道路建設とか、無駄に金を使わないでくれれば、それで十分という分野も多いだろう。
下手に張りきらなくてもいいので、あまり極端なことをせず、無駄なことを止めるだけでも十分に政権交代の意味があると思います。

政権交代についての一考察 

政権交代は奥羽列藩同盟の復讐か? てなわけはないのですが、自民党は、もともと官軍色が強かった。長州あたり、何人総理を出しているのやら。

で、民主党の親方は小沢親分(心臓悪いらしいが)、岩手県出身。実際は慶応ボーイらしいが、南部藩の怨念が、いま吹き出しつつあるのではないか、ナンツテ。

福田さん、カムバ~ックとはいかないが

ここの記事を読んだら、やっぱり福田康夫さん、なかなかの方のような気がしてきた。
これまでもいくつか記事を書いたりしてきたが、いちおう10年以上サラリーマン生活もして、泥水すするような苦労まではしてないとは思うが、努力しても報われない人がいることくらいは理解しているのではないかと思う。もともと政治家志望ではなかったという話もあるし。
実績については、功罪半ばというか、毀誉褒貶入り乱れていると思うが、ご本人は「行蔵は我に存す、毀誉は他人の主張」と、すまし顔のような気がする。

20081112 福田さん再登板をきぼんぬ
20080903自爆テロ辞任
20080404福田さんは、わざとやってんのかね? 

てなわけですが、この前の選挙では危なかったようで、本人も少しく焦っておられた(笑。が、今の政界では得難い人物だと思うので、落選しないでよかったと思う。
自民党再生の主軸にはならないだろうが、それを支える人物になるのではなかろうか。

俺自身としては、この方、親分肌ではなさそうなので、いわゆる派閥ではなく「福田スクール」(福田「学校」でもあり、福田「派」でもあるような)をつくり、そこのmentorとして、活動したらどうだろうか。海舟も自分が大立ち回りをやるというよりも、盟友、弟子、仲介者を駆使して、幕末国難を乗り切ったように思えるしね。
いかがでしょうか(って、誰に向かって言っているのか、我ながら疑問)。

水野先生のこと

アクセスログを見ていたら、水野忠夫先生の名で検索されて、ここに来られる方がたくさんいるのに驚きました。
やっぱり、水野先生が亡くなられたことは、たくさんの人にとって大きなショックなのだなと、つくづく感じております。

でも、この世から水野先生が去られても、どこかでまたロシア語の本を読んでいるような気もします。
「巨匠とマルガリータ」ではありませんが、「原稿は燃えない」ように、水野先生の訳業や評論は実際の人間以上に長い生命をもつように思えます。むしろ、先生の実体がテキストの世界に移行しただけのようにも思っております。


水野先生のお弟子さんたち、がんばってね。
人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad