FC2ブログ

eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2008-09

漱石「思ひ出すことなど」

いろいろあって、書棚から、またこの本を引っ張り出して読んでいるのだが、漱石は修善寺で血を吐いたとき、30分間死んでいた(意識がなかった)と書いている。だから、この著作の題名は、「思ひ出すことなど」となっているが、この中の焦点である漱石吐血による臨死体験は、鏡子夫人から聞いたことであって、じつは本人は思い出すことが出来ないことである。
この著作では、タイトルとは異なり、本人には思い出せないことが核になっているのが面白いといえば面白い。
スポンサーサイト



精神疾患と家系

は、関係があるのかどうだか知らないが、どうも父方の家はアレな人が多いようで、自分にもそのような気があることを改めて感じ入りました。

さかのぼれば、父方の祖母にその気があったらしく、晩年は家庭内離婚のような状態だったそうだ。その子供たちである私の父の兄弟だが、長男は鉄道事故で死亡(ほんとに事故かという話もあった)。長女は若くして亡くなったのでよく分からない。次男であるうちの父は飲めば酒乱であった(いつもは飲まない)。最近は老人性欝気味。次女である叔母は先日亡くなったが、晩年はいわゆる精神症状に関する疾患があり、病院に入ったきりであった。
我が家にうつれば、母はわりと普通の人であるので、血が薄まっているかと思う。長女は頭脳明晰であり、とりたてて言うことはない。次女は癲癇である。怠薬によって癲癇性統合失調症になり、閉鎖病棟にはいっていたこともある。現在は薬を飲んでいるので、しごくまとも。
また、叔母の子供たちであるが、長男はごく円満な人柄である。ただ長女が母親譲りだろうか、対人関係等に問題があり、結局離婚してしまったな。子供がいるのだが、最初は子供たちは離婚に反対していたらしいが、長ずるに及んでやはり普通ではない(らしい)母親を見ているうちに、離婚止むなしと判断したと聞いている。

さて、自分のことになるが、気違いが気違い水(酒)を飲めば激烈な反応を起こすわけで、あんまりすぎる内容なので、今はちょっと書けません。

アスファルトに 羽根光りたり 蝉むくろ

今日の一言 不機嫌な態度をとると、周りが気を使ってくれるが、自分の健康も損なう

不機嫌な態度というのは、周りの人に対し、もっと自分を尊重せよという表明なのだそうだ。仕事などでは、エライ人が不機嫌だと、なにか粗相があったのかと、周りの者が気遣ったりして。
しかし、不機嫌な態度をとるということは、不機嫌な精神状態になるということ。いわば一種のストレス。よって、こういう態度をとり続けると、めぐりめぐって自分の調子が悪くなる。
気をつけたいものです。ナンツテ
人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂