eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2008-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の一言

人手が足りなくなったからといって、人材募集をする企業は、人手が余ればリストラする企業でもある。
(トハイイキレナイケド)
スポンサーサイト

今日の一言

分かり合えないなら、せめて分かち合いましょう。

ナンツテ。

唐突ですが… 今日の一言シリーズ

年寄りが多くなると、世の中が不機嫌になる。

年寄りというのは不機嫌な人が多いからね。

だから年寄りはつとめて機嫌よくしないと、若者の未来を食いつぶしているだけと言われてしまう。
俺も気をつけよう。

グーグルのストリートビューがクソすぎる件について google street view shit

相変わらずバカで極悪非道なグーグルであるが、こんどは「ストリートビュー」と来たもんだ。商業地区ならいざ知らず、住宅地まで、2メートル以上の高さのカメラという覗き視線でねっとりと撮影して、住所つきで公開しやがった。ちなみにうちの近所の家は、塀の上から覗き見されておったわ。庭にバケツが転がってた。俺は自宅周辺を削除させたが、この家は年寄り家庭だったと思うので、ここまで見えたら無用心ではなかろうか。


速攻で自宅周辺を削除した。やり方は以下のとおり。
・グーグルトップページから「地図」へ(グーグルマップ)
・自宅住所を入力し「地図を検索」
・「ふきだし」に直接自宅写真が出たら、「ストリートビューヘルプ」をクリック
(そうでない場合は、地図上部の「ストリートビュー」をクリックし、「地図上の人マーク」をクリック)
・左下の「不適切な画像を報告する」をクリック
・しかるべき理由を書いて送信する
・しばらくすると削除されてます。

しかし、これで犯罪起きたらどうするんだろ。
とくに、こそ泥なんかは、雨どいなんかをよじ登って2階の施錠してない窓から入ったりするそうだ。これを使えば、それらしい家は、一発で分かるな。

グーグル=盗人の手先 といわれる可能性もあるぞ。
いいのか、こんなんで。
個人ベースでの対応には限界がある。何とかせんかい、国家公安委員会とか。

たしか現代のプライバシーの考え方では、自分に関する情報をどうコントロールするか(何を見せ、何を見せないか)という権利もあるはずである。まさか個人主義で情報先進国のアメリカ様の海外出張所に分からんわけもあるまいが、それを敢えてやっているのだろうな。そのごり押しぶりが、不気味であり不愉快だ。
それにしても腹が立つ。
そてにしてもgoogleというのは下品なんだな。


追記
「ストリートビュー」のプライバシー問題、グーグルが方針説明 より引用。なお、発言はグーグルで地図製品担当のプロダクトマネージャーを務める河合敬一氏。
(引用始まり)
 撮影地点については、「撮影する道路は公道からに限っており、私道や敷地内に入っての撮影はしていない」と説明。また、映っている人の顔については自動認識によりぼかし処理を行っており、米国では車のナンバープレートなどについても一部処理を行っているが、日本では解像度の問題でほとんど識別できないと思われるため、現時点では顔以外には自動的な処理は行っていないとした。

 ただし、こうした処理が完全ではない場合もあるため、問題のある画像については報告してほしいと説明。また、報告用のページでは、プライバシーに関する画像として「人の顔」「ナンバープレート」「自宅」といった項目が設けられており、自宅の画像が公開されたくないという要望についても、メールのやりとりなどで確認が取れれば対処していくとした。

 一方、「インターネットに接続しておらず、どのような画像が公開されているかも確認できないような人への対応はどうするのか」という質問に対して河合氏は、「難しい問題だが、まずはユーザーに見ていただいて、その中で本人でなくとも、この画像にはプライバシーの問題があるのではないかといったことを、ユーザーに教えていただきたい」と回答。「公開にあたってどのような形がバランスとして最適であるかについては、今後も引き続き検討していく」と述べた。
(引用終わり)

これって、勝手に公開しておいて、いやだったら自分で報告しろといっているわけだが、ほんとにお前ら何様だ。このクソが。「まずはユーザーに見ていただいて」といっているが、PCを使わん年寄りで、自宅の写真を公開されたくない場合についてはどうするつもりだ。「今後も引き続き検討していく」あいだに問題が起こったら、何とかしてくれるのかね、河合敬一さん?もちろん彼もストリートビューに自宅をさらしていると思うが。

続きを読む »

伊勢丹の香港化

先日久しぶりに新宿の伊勢丹に行ってきた。
ここ数年の伊勢丹は、高級志向?なのか、足が遠のいていたのだ。

中に入ってみて、なんとなく思ったのが、かつて遊びにいった返還前の香港のような印象であった。妙に重厚な造作になっており、高級ブランドがやたらと多い。で、中国語と韓国語のアナウンスがたびたび入る。

残念だったのは、新館と旧館の間の地下通路にあった、シャーベット屋(ジュース屋か?)がなくなったことだ。あそこでは、駐車場から上がってきた裕福そうな親子連れやら、俺のような一庶民やら、おのぼりさん風の観光客まで、老若男女貴賎都鄙がひとつのところで、無心にジュースをすすったり、アイスを食べたりしていた空間だったのだ。なんか「日本」らしくて好きだったな。

単に場所の移動だけで、こんなこと俺の勘違いであれば、それに越したことはないのだが。でも、伊勢丹にはもう行かないだろう。

赤塚先生、さようなら

赤塚不二夫先生が亡くなった。
このblogでは「鰻犬堂」とか「eeldog」と名乗っているが、これは以前知人に「お前はウナギ犬に似ている」と言われたからだった。
AAを拾ってきたので貼ってみる。
と思ったが、ずれまくったのでスクリーンショットを貼ってみた。

eeldog aa

「これでいいのだ!」という名台詞、自己肯定的で好きだな。
赤塚先生、ありがとう。

8/7追記
 タモリが告別式で弔辞を読んだ。その中の一節。これこそが「これでいいのだ」の本質を捉えた言葉だ。泣けるよ。

(以下引用)
 あなたの考えは、すべての出来事、存在をあるがままに、前向きに肯定し、受け入れることです。それによって人間は重苦しい意味の世界から解放され、軽やかになり、また時間は前後関係を断ち放たれて、その時その場が異様に明るく感じられます。この考えをあなたは見事に一言で言い表しています。すなわち『これでいいのだ』と。
(引用終わり)

続きを読む »

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。