FC2ブログ

eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2007-10

検索エンジンについて

google様とyahoo様が、下手打って、初音ミクという画像をネグってしまって、ちょっと騒ぎになりました。初音ミクならまだいいが、ほかのキーワードで巧妙にやられたら、普通の人は、手も足も出ないもんな。

つまり、URLが存在していても、検索エンジンに引っかからないと、存在しないのと同じなのだな。つまり検索エンジンが、そのサイトの生死を握っているといってもいいくらいである。
ではその検索エンジンは誰のものか。一企業のものである。一見、公共性とかを装っているが、やはり恣意的である。恣意的であることは問題ではないが、あたかもそれが「公共の意志」のように見えるのが人をだます。

さて、既存の検索エンジンから離れて、知るべき情報へのルートをどうやって確保するのか。企業ではなく、公的機関が主催する検索エンジンがあればどうだろう。まず無理だな。役人を見ていれば、すぐ分かる。国連の腐敗振りも有名だしな。

では、物言わぬ民の混沌に賭けてみるか。たとえば2chで検査エンジンを開発するとか。これは面白そうだが、なんか、やりそうもないね。

で、俺が思ったのは、P2P技術を応用して、サーバー上、もしくはそれに類する情報の「要」を作らずに、「中心のない」検索エンジンができないものか、などと考えてみた。

たとえばgoogleの場合、キーワードにより、そのたびごとの「中心」を作る。yahooのようなカテゴリ表示(カテゴリ検索を使っている人はどのくらいいるのかな)は、中心そのものである。

では、中心がない検索エンジンとは、どんなものか。まだ自分でもイメージしきれないのだが、なんとなく、波打つ網の目のようなものをイメージしている。これについてはまた考えてみようかな。
スポンサーサイト



神保町 古本祭

このイベントの正式な名前はこれでいいのかな。

台風のあとの秋晴れのもと、家族と神保町にやってきたのだ。
収穫は、アレン・セイ「おじいさんの旅」を300円(なんと!)で買うことができた。出版社の方、ありがとう。

残念だったのは、東京會舘のローストビーフ、ホットワインがなくなったこと。たしか去年はあったような…。
で、かわりに学士院会館のローストビーフサンドを食べ、曼荼羅のカレーを食べ、そのとなりのグリーンカレーなどを食べたのだ。

本題よりも飲食費のほうにお金を使ってしまった。

来年もまた来よう。楽しみだ。

「阿Q正伝」と「惜別」

魯迅をろくろく読んだこともないくせに、名著との呼び声に惹かれて、竹内好「魯迅」を読んでみた。戦時中に書かれたものであり、異様な迫力を感じた。魯迅よりも、魯迅を通して自分を語る著者の勢いに気おされてしまったというべきか。

それにつられて、とりあえず「阿Q正伝」を青空文庫からダウンロード。ついでに、太宰治が「藤野先生」に絡めて書いた「惜別」もダウンロードした。

その後、読まずに、ほったらかしにしておいたが、先日、なにげに読んでみた。「阿Q」は、とりあえずストーリーをなぞっただけの読み方。本当のところはまだ分かりかねる。何かが作品中にあるのは感じるのだが、それがなんだか分からない。
太宰の「惜別」は良かった。戦時中に書かれたものらしく、それらしい部分もあるのだが、それを割り引いても、十分に通用する作品だった。
そういや坂口安吾が太宰をほめてたな。自分は、太宰のべたべたした部分を好む者ではないので、ある時期から敬遠していたが、心を入れ替えて、読み直してみるかと思った。
人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂