FC2ブログ

eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2007-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村伊兵衛展

銀座でやっている木村伊兵衛展に行ってきた。
カラーはエルメスギャラリー。慣れぬ場所なので入りにくかったが、まぁ良かったです。田沼武能さんがおられた。なるほど。

モノクロはライカギャラリー。
名作写真も何点か。ところで、あの耳のとがった少々悪魔風の男は、若き日のアンリ・カルティエ・ブレッソンだろうか。

ところで、銀座ニコンサロンで今月やっていた江成常夫展を見逃したのは痛かった。といっても、今回の写真集の良さに気付いたのは昨日なのだけれど。
スポンサーサイト

ネット情報の真贋力をつけるためには

ネット情報というのは玉石混交、「嘘を嘘と見抜けないでは楽しめない、云々」と言われている(ひろゆき?)。

では、その真贋を見分ける力はどこでつけるか?
自分の場合、これまでの経験(ある程度の教育、またこれまでの仕事も含む)とそれなりの読書、その他により、それなりに力は持っている(と思いたい)。

ところで、偽物を見分ける力をつける最も良い方法は、本物を見ることであるそうな。骨董商が、真贋を見分ける力をつけるために、上野の博物館に行くという話を読んだことがある(作品社の随筆集「嘘」のなかの誰かの文章だった)。本物ばかり(もしくは非常にできの良い偽物)を見ているうちに、贋物を見ると、なんか違和感を感じるようになるらしい。これも嘘かもしれんがなんとなく説得力のある話。

では、ネット情報にばかりに接している人はどうなるだろうか。一つの玉と十の石が混じっているところで、骨董商の場合のような力をつけることは可能だろうか。ちぃーとばかり難しいように思う。そう思うので、子供が小さいうちは、家庭にパソコンを持ち込まないようし続けようと思っている。

続きを読む »

「中の人」問題 googleについて

とか思っていたらNHKでgoogleを取り上げました。
一応、光と影の両面に触れているが、俗に「けなし三分に、褒め七分」というらしく、ある程度のけなしは、かえってその内容に信頼性を高め、褒めの部分をさらに強調するらしい。昨日のはどうであったか。

ところで、googleの気に入らない点はいくつかあるが、一つは世の中をすべて「言葉」でとらえようとしている点。
「はじめにロゴス(言葉)あり」というキリスト教的、西欧文明的であるね。
でも、世の中の多くの部分は言語化不能だと思っているが。特に日本文化では言語化できない部分の良さを伝統的に追求しているように思う。
そのへんどうなんだろね。
日本が検索エンジンで名を上げるとしたら、「言葉」ではなく、違うもので検索するまったく別種の物を作るしかないかも。例えば、デジカメである物を写真に撮り、それをuploadして検索するとか。
それと、googleが最初に出てきたとき、バナー広告も何もなくて、いったいどうやって儲けるのだろう、という話題があったことを思い出した。実は当初から検索連動型の広告を狙っていたのだろうな。それと、彼らにとっては「人=消費者」というのが人間観なのだろうか。
彼らのやっていることは、非常にアメリカ(USA)的に見える。つまり通信販売のカタログの拡張版ということ。それはそれでいいのだが、その分をわきまえて、あまり大それたことをしないで欲しい。
google八部をしでかす人々(=中の人)に、自分の行動、嗜好まで公開するのは考えものだ。

まぁ、googleの上手を行く使い方をすれば良いわけではあるが(それが一個人で可能か?)
人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。