FC2ブログ

eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2006-09

ヘリコイドグリス 続き

ヘリコイドグリスを塗ったコニカヘキサノン57/1.4は、ヘリコイドの動きがだいぶ良くなって、その状態で安定した。それで、このレンズを常用していたのだが、結構重いね。50/1.7と比べるとあきらかに重い。でも、なんとなく人をその気にさせるレンズでもあります。

で、マミヤプレスの90/3.5というレンズのヘリコイドが重いのだが、ヘリコイドが露出させられずに、手をこまねいてた。けれど分解の仕方がわかったので、休み中にトライできるかな、と。
スポンサーサイト



Blogの炎上とか…。いろいろと書き散らすか。

きっこ、とか書くとヒット数が上がるようで、ちょっと名前を書いてみたりしたが、以下の内容はほとんど関係ないです。

「炎上」
BlogやらSNSやらなんやらで、最近「炎上」というのが流行っているが、ここには縁がないね。ところで、こういうのはどうだろうか。

昔から、愛宕神社のように、火伏・防火にご利益のある神社があるが、あれのネット版お札というのはどうだろうか。いわゆる「炎上」除けというわけで。需要があるように思うのだが。
もし、採用していただけるなら、多少お礼をしていただけると幸いです。

「しぬのはひとりで」
どこやらの高専で、愚かな男が女性を殺して、挙句の果てに自殺した。
報われない恋を儚んで自殺するのは、古来あることで、決して恥ずべきことではないように思う。しかし、横恋慕?の挙句、一種の無理心中のようなかたちで人を殺してしまい、何も語らずに自殺するのでは、あまりにも無責任であろう。
だから、彼は一人で死ぬべきだったのだ。さらに言えば、この場合、まだ若い。死ぬくらいなら、また別の生き方があったはずだろう。
同じように、一人で死ぬのがいやで、他人を巻き込んで、結果として死刑になって死ぬという犯罪があったが、この犯人も似たようなものである。

とはいえ、一人で死ねない者は、もちろん一人で生きていくことは出来ないし、充実した生を全うできないのだろう。とはいえ、他人を巻き込むな。というわけで「死ぬなら一人で」。
人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂