FC2ブログ

eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2005-12

雑談をいくつか。

・ズボンのケツについて
恥ずかしながら、私、しばらく仕事がなくてふらふらしていたことがあります。
そのとき、家人に言われたので気付いたのですが、足が地に付かないというか、ふらふらしている人、簡単にいうと、ダメな人は、ズボンのケツのところがだんだんとずり落ちてくるそうです。
自分のことを言われても、よく分からないのですが、どういうわけか、居候がうちにいたときがありまして、確かに、ダメっぽくなるとズボンのケツのところが垂れてきました。俺もそうだったのだろう。

昨今、若い人には、「コシバキ」などといって、わざとずり落ちるようにはいたりしている人が(まだ?)いますが、どうしても上記のことを思い出してしまう。あれは黒人ファッションから来ているようですが、彼らは確かにずり落ちそうではあるが、それなりになっている。
だいたいが、ゆるゆるの格好をしているその一環として、ズボンがそうなっているように思えます。
きまっている人は、私見では、ズボンのシリ部分が地面に対して垂直もしくはそれに近い角度で落ちているようである。
それだとなんだかだらしない中にもシャープ感?がある。

そうじゃない人のは、なんか見苦しいだけだな。
でも「コシバキ」がはやるのって、やっぱりダメな人が多くなってきたということだろうか。

・団塊の世代について
言いたいこともないわけではないが、まあ、よしとして。
「だから駄目なんだ 団塊の世代」という頭韻を踏んだverseが思い浮かびました。
もう、既にあるかな。よかったら誰かお使いください。

・ぬいぐるみ
先日、子供を寝かしつけたあと、その隣の自分の枕の上に、子供が貸してくれたぬいぐるみをおいてみた。
自分のかわりに、ぬいぐるみに添い寝をしてもらうような気持ちからだ。

そのとき、この子が生まれるときのことを、急に思い出した。
妻は子宮筋腫があり、大事をとって、ある大学病院の産婦人科に入院したが、部屋の空きがなく、婦人科の病室に入っていた。
その病室は、あまり状態が良くない人が多かったらしい。
ある若い方がいたが、家族や婚約者と思しき人がよくお見舞いに来ていた。
後に聞いたことだが、その人は入院中に入籍したらしい。その意味の重さを考えてしまう。
その人が、外泊するとき、ベッドの枕のところに、ゲームのキャラクターのかわいいぬいぐるみを置いていっていた。一種の留守番を頼んでいたのだろうか。
そのことを急に思い出してしまった。
あの人は、その後、どうなっただろうか、ふと考えてしまった。
スポンサーサイト



人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂