eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-09

KONIRAPID-Sの開け方

コニカ2B、ジャンク品を入手して手入れをしていたら、だいぶ良い状態になってきた。
レンズもきれいになり、シャッター、絞りも快調。距離計もあっているようだ。

実は、以前コニカ2を入手してテスト撮影したら、レンズの拭き傷の影響で実用には耐えないと判断した。
しかしそれ以外は問題ないので(むしろ快調)、状態の良いレンズを探してニコイチするつもりで買ってきたのだった。
しかし、よくよく見ると、コニカ2は「ヘキサノン」レンズ、2Bは「ヘキサー」レンズで、たしかにレンズ前群はそれぞれ入れ替え可能であるが、構成が違っているので、使えないことに気付いた。

それで改めてコニカ2Bをまじめに手入れしていたのだった。
しかし、シャッターのスピードリングがどうも固い。固着はしていないがまわすと指先が痛くなる。
1/500は昔のシャッターの場合、1/250以下とは機構が違うので固いのは分かっているが、1/250~bulbまでシャッタースピードをいじろうとすると、ひどく難儀する。
このままでは沈胴のレンズ鏡胴まで歪めてしまいそうである。
なので、ネットで情報を調べて、シャッター部の調整をすることにした。

さて、いろいろなページを見ていると、シャッターのフロントパネルを開けたところから写真がついている。
ということは、この部分の取り外しは簡単なのだろう、と思った。
見ると、豚の鼻のようなカニ目ネジがある。これをまわせば外れるだろう、と思ったが、そうはならない。
カニ目をまわしてもぜんぜんネジはゆるくならない。
ではどうやって外すのか。このへんは分かっている人には説明不要で記述はなく、分からない人には手が出ないのでやはり記述はない。
30分ほどかけてやっと分かったので、それを以下に記していきます。
ここでつまづいている人がいたら参考にしてください。

まず、レンズ前群を外す。これはネジ止めされているだけなので、すぐ外れる。
次にカニ目ネジを回す。このネジをよく見ると、円形ではなくて、一部が直線になっている(半円というほどではない)。
このネジは、円弧の部分がその内側のパーツの凹みにはまっているはずなので、カニ目ネジを少し回して、直線部が内側のパーツに重なるようにする。
※なお、凹みは小さいのが1箇所(カニ目)、大きいのが2箇所ある。
そうすると、KONIRAPID-Sと書かれた銘板が少し動く。
また、その下のギザギザのついたシャッタースピード調整リングも動く。
このリングを少し持ち上げながら、凹みにはまるところまで少しずつ動かすと、ある時点でパカリと外れます。
このとき焦って他のパーツに触ったりすると厄介なので、ゆっくりと慎重にやってください。
このあとについては、ネット上に潤沢に情報があるので、そちらをどうぞ。

さて、今回はシャッターリングの動きが固いだけなので、清掃のみとする。
まずパーツを外して、ベンジンと綿棒でふき取ったら、真っ黒な汚れがついてきた。
これをきれいにして、そのあとちょっと注油したところ、だいぶましになった。
これ以上深追いすると、かえって再起不能にしがちなので、ここで引き返した。

ケースとフードも準備してあるので、試写が楽しみです。
スポンサーサイト

Canon Demiのシャッタースピードと絞りの組み合わせ

しばらく前に買ったCanon Demi、やっとテスト撮影を始めてみた。
http://eeldog.blog12.fc2.com/blog-entry-826.html

初回の撮影では、二つの問題が見つかった。
一つはレンズに光が当たると、かなり激しくフレアが発生すること。これにはレンズフードで対策することにした(後述)。
二つ目は、露出計とプログラムシャッター(シャッター値と絞りがあらかじめ組み合わされている)の問題。
概ね露出計どおりできれいに写っているが、晴天時は露出オーバーだった。
さて、プログラムシャッターの設定はどうだろうか。
絞り値は明示されているので、シャッタースピードが分かればよい。とはいえ計測器はない。
スペック表を見ると、シャッターは1/30~1/250、絞り値はF2.8~F22であるから、シャッター音の違いを聞きながら組み合わせを考えると、
F22、1/250(確定)
F16、?
F11、1/125(ほぼ確定)
F8、?
F5.6、1/60?
F4、?
F2.8、1/30(確定)と見当をつけた。

2回目の撮影では、晴天時は絞り11で1/125の想定で撮影したところ、ちょうど良かった。
しかし自作フードの効果は抜群だったが、フードが深すぎて画面四隅がだいぶケラれたので、改めて作り直した。

さて公式のスペック表にはプログラムの設定について触れられていないので、いろいろと調べていたら、この資料があった。
http://www.rangefinderforum.com/forums/archive/index.php/t-87538.html
f/2.8 1/30
f/4 1/45
f/5.6 1/60
f/8 1/90
f/11 1/125
f/16 1/190
f/22 1/250
絞り値とシャッタースピードを掛け算すると、ほぼ一定の値になった。
0.093
0.088
0.093
0.088
0.088
0.084
0.088
ということは、ほぼこの組み合わせで確からしい。

Demiのレンズは予想以上に良いらしく、遠景~近景まできれいに写っている。
露出が意図どおりにコントロールできれば、もっと楽しめそうだ。

カメラグリップの自作

ヤシカエレクトロ用のアクセサリーとして、ST-7という小型三脚があった。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~s-tokuda/kizai/st-7.htm
http://www.h2.dion.ne.jp/~inoue_22/camera/camera_h/camera-electro35gt.html
三脚の脚の部分が胴体に収めることができて、ふだんはグリップとしても使えるものであるが、愛用しているうちに脚部のネジ山が割れて(プラスチック製なので)、三脚としては使えなくなった。
でも勿体ないので、グリップの下部にふたをはめて、単なるカメラグリップとして使ってきた。
軽くて、太さもちょうど良い。しかしちょっとかさばる。

20150425yashica.jpg


そこで、思いついて、小型のカメラグリップを誂えた。
こういうときは、まず東急ハンズ(島忠も良い)に行く。部材売り場で、棚を作るときなどにつかう「ステー」を買った(370円)。こういうものです

これを、円筒形のスポンジでカバーする(91円)

これに手元にあまっている雲台(うんだい)をネジで止める。
これで小型グリップが出来た。雲台が重いせいか、ちょっと小型のわりにずっしりしたものとなってしまったが、しばらく使ってみるつもり。

2015042502handmade.jpg

原平さんのおねしょ

赤瀬川原平さんが亡くなった。
しばらく前からアサヒカメラの連載が再掲載ものになっていたので、つまり新規に原稿を書くことができない状態だったので、あまり容体が良くないだろうとは思っていた。
そのせいか自分の心の準備ができていたらしく、それほどのショックはなかったが、しみじみとさびしい。
尾辻克彦名義で「父が消えた」という作品があったり、なんとなくこの方もいずれふっと消えていくような予感があった。

この方については、いろいろと考えるところがあって(というかファンで)、1995年に名古屋市美術館で開催した「赤瀬川原平の冒険 脳内リゾート開発大作戦」をわざわざ新幹線で見にいったこともある。


ところで、以前から気になっていたことがある。赤瀬川氏は、中学生になってもおねしょが治らず、畳を何枚もダメにしたと自分で書いている。その気になってみると、身近な人もふくめて、おねしょの上りが遅かった人に共通する点が何かあるような気がしていた(「身近な人」には、俺自身も含まれるわけだが…)。

そこでちょっと調べてみると、こんな話があった。
脳科学者はかく稽う【澤口俊之のオフィシャルブログ】
【10/01/03】坂本龍馬の脳は遅延発達?
抜粋すると、
「脳の発達が遅いことを「遅延発達(delayed-development)」というが,これはネオテニーとほぼ同義である。そして,遅延発達する脳をもつ人ほど知的能力が高い。「超知能」をもつ人は,普通の知能をもつ人よりも5歳ほど脳の発達が遅いのである。
そして--これが重要なことだが--,遅延発達が起こる主な脳領域は前頭連合野である,ということだ。しかも,好奇心や社会性,そして未来志向性に深く関わる脳領域で遅延発達は顕著である。

おしっこをガマンできるのは,霊長類ではヒトだけがもつ高度な脳機能で,そのセンターは前頭連合野内(外側下部)にある。したがって,全てではないとしても,おねしょが治るのが遅い人の前頭連合野は遅延発達である,ということができる。」
http://toshi-sawaguchi.life.coocan.jp/blog/2010/01/100103.html

つまり、おねしょが治るのが遅い人は頭が良い(ほんと?)という結論であり、その例として坂本龍馬があげられている。

この科学的?見解はちょっと言い過ぎな気もするが、それでも、おねしょで悩んだことがある人はあまり声高に語らないような印象がある。またなんとなく思慮深いような気もする。
その理由を自分なりに考えると、肉体が精神を裏切ること(おねしょするのが嫌なのに、ああ今日もまた…)を毎朝経験するうちに、自己を省みるようになるからではないか、と思っているのだが。

俺としてはおねしょの治りが遅かった著名人のリストを見てみたい。
その筆頭に赤瀬川氏が来てもいいように思う。

なんかふざけたような文章ですが、帰ったら赤瀬川氏が激賞していたKodak Retinaのシャッターを切ろうと思う(俺のは3c)。
追悼空シャッターとでもいうべきか。

パノン ワイドラックスF6BのNDフィルターについて

先日買ったパノン ワイドラックスF6Bをしばらく使ってみて、なるほどと思うところがあった。
このカメラは、シャッタースピードは、1/250、1/125、1/15の3速しかなく、絞りはF2.8~F11で、ピントは固定焦点である(5m)。
http://matsubokuri.cocolog-nifty.com/_camera_mini_museum/2011/02/post-5d6f.html
固定焦点=ピントを合わせられないということは、出来るだけ絞り込んで被写界深度を確保したい。つまり常時絞りF11を使いたい(本来ならF32くらいほしいところだが、絞りすぎると画質が落ちるので無理か)。
となると、絞り込んで使うには、低速1/15だけだとなかなか使いにくい。
もしくは高感度フィルムで絞り込みたくなるが、今度はシャッタースピードの上限が1/250だと苦しい。
例えばASA400を使うとして、適正露出は普通の昼間だとF11の1/500である。そうなると上限1/250だと露出オーバー。
そこで、付属のNDフィルターの意味が出てくる。
中古で買ったのだが、幸いなことにこのカメラの場合、フィルターが4種付いていた。カラーフィルターはあまり使わないとして、NDフィルターが付いていたのだが、お店の人にどのくらいの暗さになるか計ってもらったら(じっさいに露出計を取り出して図ってくれた)、シャッター2段分になるということだった。
ということは、F11、1/500の露出の場合、カメラにNDフィルターを装着してF11、1/125にセットすれば良いことになる。光線の強い晴天時などはF16、1/500になるが、その場合はF11、1/250となる。
ちなみに、1/15のときにNDフィルターを使うと、2段分光量が減っているので1/60と同じはずである。
そう考えると、シャッタースピードが1/500、1/250、1/125、1/60、1/15の5速あるのと同じ意味になる(1/1000はあまり意味がないのでカウントしない)。
1/30がないのと、スロー側に1/2くらいあるとなお良いのだが、とりあえずこれだけあれば写真はじゅうぶん撮れる。
NDフィルターを2段にしたというのが、なかなかよく考えられていると思った。
今は中古しかないようであるが(パノンは廃業したらしい)、もし買うならフィルター付きをお勧めします。
特殊な形状であり、ちょっと自作しにくいので。

CONTAX 139との死闘は続く(よ、どこまでも)

今日、CONTAX139QにヤシカML50/1.4と、ML35/2.8をつけて撮影していたのだが、突然ピントが合わなくなった。
おまけに絞りも5.6あたりから小さく絞れない。
レンズをはずしてミラーのあたりを見ると、なんとなく動くものがある。
ボディをさかさまにすると、小さなリングが落ちてきた(路上なので落とさなくて良かった)。
さて、お前は何処から来るや。

CONTAX一眼レフ(ヤシカ時代)の弱点は様々あれど、そのなかに有名な「ミラーずれ」というトラブルがある。一眼レフは、ボディ内でミラーがパタパタ動くわけであるが、このミラーは高速で頻繁に動くので、きちんと稼動するためにも、固定部分はしっかりと固定されていなければならない。
であるが、CONTAX一眼レフは、この部分を安直にも両面テープで処理していたらしい。経年劣化で当然剥がれてくるでしょうな。

というわけで、今回もなんとなくミラーを跳ね上げてみた。すると、ミラーの下にあるストッパー的な突起がある。
ここに落ちてきたリングをはめたらピッタリだった。ピントも合うようになり、絞りも稼動する。しかし、乱暴に扱うとまたこのリングが外れるだろう。
接着剤で固定したいが、それもはばかられるので、しばらく様子見とする。
カウンターの壊れたヤシカFR(この故障も有名)があるので、それでも困らない。

気が向いて、新宿と早稲田の中間くらいにあるCONTAX専門店・極楽堂に行ってみた。ボディがいるいろいろあるので、お店の人に聞いたら、故障が少ないのは、最近のRTS3、RX2、ARIAあたりだという。
まあ、わりと最近生産されたものなので、経年劣化が少ないということもあるのだろう。
RXも良いと薦められたが、ファインダー内の表示がうるさくて、あまり気に入らない(とはいえ、1万円をきっているのであるが)。

わりきってCONTAXボディはあきらめ、レンズだけアダプターをつけてEOSで使ったほうがマシであろうか。ちょっと迷います。

小さい買い物、大きい買い物

昨年末からこの春にかけて、なんだかチョコチョコした買い物が多かった。
12月末
・新宿ミヤマ商会にて、キヤノンDemi、300円也。外観はドロドロに汚れていて、買うときに思わず店員さんにちょっと汚れを落としたいからウエットティッシュをもらったくらいだった。
ただし、品定めのときに、レンズがきれいであり、シャッターが作動し、露出計も反応していたので、OKと判断した。
清掃すれば、いい状態です。手で触っていると感触がよいのであるが、試写はまだ。ハーフ版で撮りたいようなものがじつはないことに、PEN Dを買ったときに気付いていたのだが、小さくて凝縮度が高いカメラが捨て値でおいてあると、どうしてもほしくなる。

3月末:中野にて、アクセサリー類をいくつか。
・PEN用のフラッシュブラケット:500円
オリンパスPENシリーズは、アクセサリーシューがついていないものが多い。手軽なハーフカメラなので、それでもいいのだが、手持ちのPEN Dはせっかくの明るいF1.9レンズなので、絞り開放で使いたい。しかし目測ではピント合わせが難しい。自作でアクセサリーシュー的なものを考えていたが、ちょうどぴったりのものが売っていた。ここにボロ市でかったミノルタ距離計を載せようと思う。
http://homepage1.nifty.com/olympuspen/accessory/accessoryindex.htm#3

・セコニック・スタジオデラックスL-398:1400円
現行品L-398Aの一つ前の商品。ジャンク同然の価格だが、光に反応しているのかってみた。自己流で校正したところ、まあまあ使える数値が表示されるのでときどき使っている。
http://camera.awane-photo.com/8/meter/sek_l398/
ケースが昔風の楕円形の革張りのものではないのが残念。

・セコニック L398用 Hスライド:430円
で、高輝度用差込スライドの取っ手が取れかかっていたので、これはヨドバシで調達した。

・オリンパス35RC用メタルフード:500円
なんということもなく買ってみたら、手持ちの35RCにも適合した。ファインダー用の切り欠きがかっこいい。元箱つき。


ここまでは小さな買い物。
そして、4月に入ってから、数年来念願のカメラをついに買ってしまった。これが大きな買い物
・パノン ワイドラックスF6B:55,000円であるが、FUJI GA645を下取りに出して4万円台にしていただいた。
フィルター4種、ケース(下のみ)付きで、状態というか作動状態はOKであった(テスト撮影済み)。
http://www.alpsdo.com/matsuya2014/091_m14.html

しかし、ケース下部の止めねじとケースの関係(相性)が良くなくて、三脚をはずすたびに、ケースごとはずすことになる。そのため、
・小型留めねじ:200円(くらいか、忘れた)を、止めねじの下にもうひとつつけて、指掛かり代わりにしている(分かりにくいか)。
HORIZON202は高速シャッターにむらがあるのでワイドラックスを使用し、低速シャッターはHORIZONを使用する予定。

ミノルタ単独距離計の調整

先日、世田谷のボロ市でミノルタ製の単独距離計を見つけたので、なんともなしに買ってみた。
ボロ市というだけあって、まったくのジャンクで使えないかもしれないのだが、試してみたところ悪くはなさそうであった。とはいえ、無限遠がずれているので調整が必要、しかしそのやり方は分からなかった。
ものはこういうものです。※ページの下のほう。
http://camera-wiki.org/wiki/Semi_Minolta_P
どうもセミミノルタ用の距離計であったらしく、脚部に「SEMI」と彫られている。

最近時間が出来て、やっと調整をしてみたが、例によって危うく地獄を見そうになった。
以前も単独距離計をいじりすぎて、調整ねじをねじ切ったような状態(調整できない状態)にしてしまったことがあった。

まずは本体を見てみる。
正面右側に凹みがあって、なかにマイナスネジが見えている。
ドライバーでちょっとまわしてみると、左右に二重像がずれる。しかし無限で像が重ならない。
よせばいいのに正面カバーをはずしてみた(ここから地獄、とはいかないが、ちょっとましな煉獄の始まり)。
凹みのネジからすると正面右側が距離の調整部らしい(しかし実際は違う)。
ネジで動かないならと、ミラー部の付け根をちょっと指で押してみると、合わなくない。しかし上下像が大幅にずれた。
これでは二重像が合致しても非常に使いにくいので、修正したい。
指で押したので、今度は戻してみるが、ダメ。
いろいろ触ったり、やさしく押したりしたが、一向に改善の兆しなし。またも壊したかと思ったが、何気なく背面部距離盤の真ん中のネジを回すと、ネジが外れてその奥にさらにネジがあった。
これを回すと左右像がきちんと調整できる。
ということは、本体右側の凹みのネジはひょっとして上下像かもしれない。
ちょっとまわす。だが上下像は動かない。もうちょっと力を入れてみると、がくりと動き出して上下像も何とか調整できた。

さて、室外に出て、再度無限遠を調整する。目標は遠くの高層ビル。5キロ以上はあるだろう。
ついでに月も出てきたので、そっちでも合わせてみた。問題なさそう。

部屋に戻って手近なところを計り、さらに巻き尺で確認する。
3mのはずだが、2.5mの表示となる。
またダメか、と思ったが、15メートル以上先はすべて無限と割り切れば、むしろ近距離を優先すべきである。
それにこの距離計を使うのはローライ35とかオリンパスPENなので、レンズが広角寄りだから、絞ればそれで済む。
ということで、3mを基準に再度距離計を調整した。
再度巻き尺で、1m、2m、3m、5mを計り確認したが問題なし。
しばらくはこれで使ってみよう。

ということで、くだくだしく書いたが、この距離計の調整点は以下の通り。
・左右像は、背面の距離盤中央の銀色のマイナスネジを外し、その奥にあるネジで調整する。
・上下像は、本体正面右側の凹み部のネジで調整する(けっこう固いかも)。

けっこう質感がある距離計で、意味もないのにあちこち距離を計ったりしているww


EOS-RTの修理 第三話

第二話では、EOS-RTの古いほう(旧RT)の液晶破損について、EOS650の液晶を移植して修理しようとしたが、液晶自体の表示およびバッテリー表示に問題があったというところまでだった。

先日中野のフジヤへ行く機会がありジャンク品のEOS630(デートバックE付)を315円で購入。残念なことに、デートバックの液晶は状態が良くなかったが、本体液晶は問題なしなのでこれにした。

さっそく帰宅し、まずはEOS630の正面カバーを外し、次にトップカバーを外す。さらに液晶を外して、部品とり終了。630の液晶の裏面は白っぽい樹脂製であり、650のものはなんだか半導体らしきものが露出していたので、やはりものが違っていたようだ。
つぎにRTを同様に分解し、630の液晶と交換する。仮止めして通電テストすると、表示のかすれもなく、バッテリー表示も問題なし。
ということで、各部をとりつけて修理完了とした。

これでEOS-RT2台体制になったが、部品取りになったカメラが気の毒です。

もし、EOS(フィルム)の液晶に問題がある方がいた場合、参考になれば幸いです。

EOS-RTの修理 第二話

さて第二話は、旧EOS-RTの液晶補修である。これはすでに20年以上使ってるので手放せない。
第一話はこちら

年末に新RTを買ってきて、古いほうを見てみたら液晶の下方が真っ黒になっていた。
以前、液晶付きの機器に強いショックがあったときに、こんなふうになっていた記憶がある。さてはうちの猫殿がやらかしたか、はたまた経年劣化か。

このままでも動くことは動くし、ファインダーで必要な情報は得られるが、フィルムカウンターがはっきり読み取れないのは不便です。
ということで、第一話で検体になった650に今度は献体になってもらおうかと。
見たところ液晶のサイズは同じようだし、置き換えたら大丈夫じゃないかな。
ということで、まずはトップカバーを外す。こちらを参考にしました。
・トップカバーの外し方
http://www.est.hi-ho.ne.jp/suikodow/repair/eos630.htm
文字情報ばかりだが、分かりやすいです。

で、液晶にたどりつく。
650の場合は、金色の金具2個で固定している。外し方は、正面側の金具はネジ2本で固定されているので、それを外し、さらに背面側の金具を少し開くと液晶が外れる。
同じようにRTも液晶にたどりつくが、650とはちょっと違う(あとでよく考えると、けっこう大きい違いのようであるが、未検証)。
RTの場合は、固定金具は1個で、ここのネジ2箇所を外すとすぐに液晶が外れる。
ここに650の液晶を移植する(というか載せて固定するだけ)。
通電すると、液晶表示がうつしだされる。良さそうなので、カバーをはめて元通りにする。

テストとしてシャッターを切りながら液晶表示を見ていると、文字がかすれているところがある。変ですな。
さらにいえば、バッテリーがからという表示が出る。新RTでは満タンですが。
ついでに言えば、交換前は問題なかった(と思う)ファインダー内の表示も薄くなっている。つまりバッテリーがあがってきたのか?
ということで、新品のバッテリーと交換したが症状は改善せず。

ここで、改めて考える。
EOS600シリーズは、650→620→630→RTと進んできた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A4%E3%83%8E%E3%83%B3_EOS_650
よく読むと、650から620に変わるとき「世界初の有機EL照明付き液晶パネル」を搭載したとの記載あり。
http://shimanami.yu-nagi.com/slrcamera/slrcamera/eos620.htm
「イルミネーション液晶の装備」とも書いてある。
ということは液晶の種類(もしくはその周辺)が違うのではないか。
となると620か630を再度調達してテストしなければならない。もっとも今は捨て値で売っているのですぐ入手できると思うけど。

ただし、これで直らなければ、回路自体の故障ということになり、もうお手上げになるでしょう。
さて、正月休みも終わってしまったので、いつやろうか。
人気ブログランキングへ

 | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad