FC2ブログ

eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2018-11

レンズをつけるとシャッターの切れないオリンパスPEN-F

オリンパスの名機PEN-F(フィルム用ハーフカメラ、と念のため補足)の有名な不調で、純正レンズをつけるとシャッターが切れないというのがある。
ちなみにレンズを外すと、シャッターは切れる。
原因は、ボディとレンズの絞りとの連動部分の動きが悪かったり、ボディ側のシャッター部分が経年劣化で不調になったりというもの。
しばらく前に、知人からそのような状態のPEN-Fをいただいた。
ちゃんと触るのは初めてで、そのメカメカしさに惚れてしまった。
しかし、ちゃんと使えないのはさびしい。といって素人修理も多少行ったが、根本的には解決しない。
けっこう細かい作業なので、おそらくとどめを刺すだろう。
修理に出すと、たぶんメンテナンス済みのカメラが買えるくらいの金額になるだろう。
なかなか考えてしまう。

ということで、ニコンFマウントレンズアダプターを調達して、PEN-Fボディにニッコールレンズをつけて撮影していた。
撮影結果はさすがに満足のいくものだったが、やっぱり重いし、純正レンズも使いたい。
予め絞りボタンを押すと、絞り連動部分との負荷が減るらしく、純正レンズも絞り5.6くらいからなら使える。
昔のカメラとおなじで、自動絞り以前だと思えば苦にもならぬ(と言えばウソか)。
しかしそれだと標準38ミリレンズの開放F1.8が使えない。

ふと閃いて、レンズをボディにはめるとき、しっかりとカチンという音がするまで=ロックするまで回転させる。
それを途中で停めてみた。つまり、レンズは、はまっているがロックされていない状態で、しかしピント合わせなどはできる。
しかも、そのままシャッターも切れる。
ただし、ピント合わせを普通に行うと、レンズが外れるときがあるので、そろそろとヘリコイドをまわすことが必要だ。
パーマセルテープでも貼っておけばよいか。
ちなみに、絞りの連動をずらしてあるので、自動絞りではなく絞り込みで撮影となります。それでも開放から使えるのはありがたい。

これで撮影テストをしてみようと考えているが、テスト待ちのカメラがほかにもあるのであった。


スポンサーサイト

なかなかの曲者 Lord Martian

岡谷光学のカメラに、Lordシリーズというのがある。
レンズは、自社製ハイコール40ミリ。F2だったり、F1.8だったり。レンジファインダー、全体のデザインは独特のものがある。
さて、このシリーズの最終型にLord Martianというカメラがある。セレン式露出計、パララックス補正付きレンジファインダー、レンズは40/1.8。
※ビュッカー氏のところから引用。
http://fukucame.fan.coocan.jp/lordmar.htm

ずいぶん前から欲しいと思っていたが、久しぶりに見たネットオークションでたまたま出物があり、競争者もなく入手した。
届いた品物はまあまあ美品。しかしシャッターボタンを押しても、しばらくシャッターが下りない。
しばらく考えていたが、よく見ると、鏡胴裏側にセルフタイマーがあり、それのせいであった。これは自分の観察不足。
露出計はもとより諦めていたのだが、セレンの反応はあって、明るいほうに向けると針が動く。しかし、シャッタースピード、絞り等で連動させようとするが、針がふらふら動いて定まらない。
針が安定する場所があるにはあって、それは外付け露出計の値とほぼ同じであるが、それを確認するためには、やはり本体の露出計だけではだめで、結局使い物にならない。このへんは、古いものだから諦めもつく。

解せないのは、フィルム装填と巻き上げの仕様だ。
このカメラは全体をコンパクトにするため、巻き上げ方式が独特で、パトローネの中軸を巻き上げノブの内側で締め上げて固定し、それで巻き上げ可能となる。その際の向きは反時計回り。
ふつうフィルムを装填するとき、最初の巻き上げのあと、たるみをとるために、少し巻き上げたりする。このカメラでそうすると、パトローネの軸が固定され、フィルムを巻き上げようとすると、空回りし始める。
よく見ると、巻き戻し側が半分固定されて、テンションが掛かっているために、上手く巻き上げられないのであった。これを避けるには、フィルムを装填したら、時計回りに巻き上げノブを数回回してフリーにしておけばよいのだが、これがなかなか分からなくて、フィルムを1本無駄にした。最近フィルムも高いのに。
※ここに詳細が書いてある。四谷三丁目の我楽多屋、いつもお世話になっています。
http://arrow-camera.weblogs.jp/blog/2010/11/lordmartian.html

他にカウンターが7よりも先に動かないというのも分かったが、まあこれは良いとしよう。

結局、まだテスト撮影できていません。

続きを読む »

たぶん今度こそ、なんとかなりそう(KONICA PEARL2)

パールが使いたくて、半ジャンク品やら、まるっきりジャンク品やら、並品やらをこれまでいくつか買った。
レンズ白濁というパール3(蛇腹きれい)に、レンズだけはきれいで蛇腹穴ありのパール2をニコイチして、長い旅路も終わりかと思ったら、パール3の巻き上げがおかしくて、コマダブり発生。赤窓式に改造しようと、パール1を見つけて裏蓋を交換しようとしたら、閉じ金具が違っていた。けど、パール1の75/4.5のレンズを入手できたからまあ良しとする。

なかなかパール3の根本的解決策はなくて、パール3の蛇腹をパール2に移植できるような技術もない。だから、あまり考えないようにして、ニコンF2と戯れたりしていた。
久しぶりにカメラ屋のジャンク棚を見たら、パール2があった。レンズは白濁だが清掃で何とかなりそう。蛇腹はそこそこの状態。パール2は赤窓式だが、窓の赤色は薄れていて、ほぼ素通し状態か。
またまたジャンクに手を出すのはためらわれたのだが、やっぱり手を出してみた(何台目?)。
家で精査すると、レンズは清掃してもきれいにならず。よってパール3から移植する。蛇腹をチェックするとピンホールがあったので、パーマセルテープで補修。赤窓は赤マジックで塗りなおし。巻き上げは、不要なフィルムでテストしたが大丈夫そう。
ということで、本式にテスト撮影を開始した。とはいえ、失敗する確率が高いので、いつ買ったかも忘れたFOMAのモノクロ400を入れた。
うまく撮れてくれればいいのだが。

瓜に爪あり レンズに爪無し

先日、今更どういうわけかニコンF2様をお招きしたのだが、さっそくレンズをそろえたくなった。しかし、禁断のニコン沼に入るのは、さすがにためらわれるので、できるだけお金はかけない方向で行きたい。
とかいって、レンズ話をネットで逍遥していたら、安価にして写りが良いという、ニコンレンズシリーズE 75-150mm F3.5というものがあることを知った。
ニコン様が自分でいうのだから間違いなかろう。
http://www.nikon-image.com/enjoy/life/historynikkor/0042/index.html

翌日、中古カメラ屋をのぞいていたら、ジャンク扱いでこのレンズが売っていた。さっそく買ってきたが、カビ等もとくにないようで(俺の目で)、2000円もせず良い買い物をしたと喜んでいた。
と思ったら、手元にあるF2フォトミックは、レンズ側に露出計連動爪が必要であったが、このレンズにはついていなかった。つまり露出計が連動しない。
不変のFマウントとかいうらしいが、じつはけっこう仕様が変わっているらしい。このへん長くなるので省略するが、大昔に爪無しレンズで始まり、その後爪が必要になったが、また不要になったようだ。ほかにAi、非Aiとかいろいろあるらしい。
そのため、ニコンではサービスセンターで一時期、爪無しレンズに爪を移植するサービスがあったようだが、とうの昔に終了していた。
しかも、このレンズはニッコールではなく、シリーズEという別枠の廉価版ということで、そもそも爪つけサービスの対象ではなかった。絞りリングがプラ製なので、耐久性の問題があったのだろうか。

ということで、自力更生が必要である。人民服着ていたころの中国のようだな。
まず、爪の入手だが、これが難しい。
ジャンクレンズを拾ってくるにしても、数千円はする。しかも、手持ちのレンズより、たいてい状態が良かったりするので、部品取りにするのは忍びない。
いろいろ思案していたが、タムロンのアダプト―ルマウント、ニコン用が使えそうである。中古屋に行くと300円で転がっていたので、さっそく購入。
これを分解すると、爪が出てくる。
外れないねじがあって苦労したが、結局不可逆的分解(=破壊)してしまった。その際、出血してしまった。
罰が当たったのだろう。

ともあれ爪は入手した。都合のいいことに接着面になる「足」の部分は、細長く伸びていて、プラ製の絞りへの負荷を分散させられそうだ。
とりつけは、とりあえず二液式接着剤にした。
工程は、
1.レンズの絞りの5.6付近をナイフとやすりで削って曲面を出す。だいたい3.5~11あたりまで削った。これが手間かかる。
2.接着する。
3.(未着手)ねじ穴を作ってねじで補強。ねじ自体はアダプト―ルから持ってくる。

注意点は、
・ニコマートFTNは、本体側のガチャチャの棒が長くて、余裕がある。
これに位置を合わせると、F2フォトミックだと「棒」にひっかからない。一度これで失敗した。

その後、何度かつけてガチャガチャしては悦に入っていたが、ときどき「ガチャガチャの棒」が爪にはまらない時がある。というか、けっこうそういう場合が多い。
純正ニッコールと比べてよーく見ると、正面から見て左側の「棒」が爪に最初にあたる部分の角度の問題のようである。
つまり棒が爪の途中で引っ掛かって、爪の凹みにはまらないのだ。
ということで、またまたやすりを取り出して、爪を削って調整したところ、凡そよくなった。
これからしばらくテストしてみようと思う。

Nikon F2様ご入内

いまさらながら、ニコンF2を買ってしまった。
フィルム自体も風前の灯火だということは十分分かっているのだが、俺はいったい何をしたいのか。
それにしても半分ジャンク(けっこう美品で露出計も動いている)で、8,000円とはどういう値段なのか。
かつての憧れの君が、今はぞんざいに扱われているのが忍びなくて、家に来ていただいた。
家に帰ったら、カビ付きの35/2AIニッコールを付けてみようとぞ思ふ。

続きを読む »

KONIRAPID-Sの開け方

コニカ2B、ジャンク品を入手して手入れをしていたら、だいぶ良い状態になってきた。
レンズもきれいになり、シャッター、絞りも快調。距離計もあっているようだ。

実は、以前コニカ2を入手してテスト撮影したら、レンズの拭き傷の影響で実用には耐えないと判断した。
しかしそれ以外は問題ないので(むしろ快調)、状態の良いレンズを探してニコイチするつもりで買ってきたのだった。
しかし、よくよく見ると、コニカ2は「ヘキサノン」レンズ、2Bは「ヘキサー」レンズで、たしかにレンズ前群はそれぞれ入れ替え可能であるが、構成が違っているので、使えないことに気付いた。

それで改めてコニカ2Bをまじめに手入れしていたのだった。
しかし、シャッターのスピードリングがどうも固い。固着はしていないがまわすと指先が痛くなる。
1/500は昔のシャッターの場合、1/250以下とは機構が違うので固いのは分かっているが、1/250~bulbまでシャッタースピードをいじろうとすると、ひどく難儀する。
このままでは沈胴のレンズ鏡胴まで歪めてしまいそうである。
なので、ネットで情報を調べて、シャッター部の調整をすることにした。

さて、いろいろなページを見ていると、シャッターのフロントパネルを開けたところから写真がついている。
ということは、この部分の取り外しは簡単なのだろう、と思った。
見ると、豚の鼻のようなカニ目ネジがある。これをまわせば外れるだろう、と思ったが、そうはならない。
カニ目をまわしてもぜんぜんネジはゆるくならない。
ではどうやって外すのか。このへんは分かっている人には説明不要で記述はなく、分からない人には手が出ないのでやはり記述はない。
30分ほどかけてやっと分かったので、それを以下に記していきます。
ここでつまづいている人がいたら参考にしてください。

まず、レンズ前群を外す。これはネジ止めされているだけなので、すぐ外れる。
次にカニ目ネジを回す。このネジをよく見ると、円形ではなくて、一部が直線になっている(半円というほどではない)。
このネジは、円弧の部分がその内側のパーツの凹みにはまっているはずなので、カニ目ネジを少し回して、直線部が内側のパーツに重なるようにする。
※なお、凹みは小さいのが1箇所(カニ目)、大きいのが2箇所ある。
そうすると、KONIRAPID-Sと書かれた銘板が少し動く。
また、その下のギザギザのついたシャッタースピード調整リングも動く。
このリングを少し持ち上げながら、凹みにはまるところまで少しずつ動かすと、ある時点でパカリと外れます。
このとき焦って他のパーツに触ったりすると厄介なので、ゆっくりと慎重にやってください。
このあとについては、ネット上に潤沢に情報があるので、そちらをどうぞ。

さて、今回はシャッターリングの動きが固いだけなので、清掃のみとする。
まずパーツを外して、ベンジンと綿棒でふき取ったら、真っ黒な汚れがついてきた。
これをきれいにして、そのあとちょっと注油したところ、だいぶましになった。
これ以上深追いすると、かえって再起不能にしがちなので、ここで引き返した。

ケースとフードも準備してあるので、試写が楽しみです。

Canon Demiのシャッタースピードと絞りの組み合わせ

しばらく前に買ったCanon Demi、やっとテスト撮影を始めてみた。
http://eeldog.blog12.fc2.com/blog-entry-826.html

初回の撮影では、二つの問題が見つかった。
一つはレンズに光が当たると、かなり激しくフレアが発生すること。これにはレンズフードで対策することにした(後述)。
二つ目は、露出計とプログラムシャッター(シャッター値と絞りがあらかじめ組み合わされている)の問題。
概ね露出計どおりできれいに写っているが、晴天時は露出オーバーだった。
さて、プログラムシャッターの設定はどうだろうか。
絞り値は明示されているので、シャッタースピードが分かればよい。とはいえ計測器はない。
スペック表を見ると、シャッターは1/30~1/250、絞り値はF2.8~F22であるから、シャッター音の違いを聞きながら組み合わせを考えると、
F22、1/250(確定)
F16、?
F11、1/125(ほぼ確定)
F8、?
F5.6、1/60?
F4、?
F2.8、1/30(確定)と見当をつけた。

2回目の撮影では、晴天時は絞り11で1/125の想定で撮影したところ、ちょうど良かった。
しかし自作フードの効果は抜群だったが、フードが深すぎて画面四隅がだいぶケラれたので、改めて作り直した。

さて公式のスペック表にはプログラムの設定について触れられていないので、いろいろと調べていたら、この資料があった。
http://www.rangefinderforum.com/forums/archive/index.php/t-87538.html
f/2.8 1/30
f/4 1/45
f/5.6 1/60
f/8 1/90
f/11 1/125
f/16 1/190
f/22 1/250
絞り値とシャッタースピードを掛け算すると、ほぼ一定の値になった。
0.093
0.088
0.093
0.088
0.088
0.084
0.088
ということは、ほぼこの組み合わせで確からしい。

Demiのレンズは予想以上に良いらしく、遠景~近景まできれいに写っている。
露出が意図どおりにコントロールできれば、もっと楽しめそうだ。

カメラグリップの自作

ヤシカエレクトロ用のアクセサリーとして、ST-7という小型三脚があった。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~s-tokuda/kizai/st-7.htm
http://www.h2.dion.ne.jp/~inoue_22/camera/camera_h/camera-electro35gt.html
三脚の脚の部分が胴体に収めることができて、ふだんはグリップとしても使えるものであるが、愛用しているうちに脚部のネジ山が割れて(プラスチック製なので)、三脚としては使えなくなった。
でも勿体ないので、グリップの下部にふたをはめて、単なるカメラグリップとして使ってきた。
軽くて、太さもちょうど良い。しかしちょっとかさばる。

20150425yashica.jpg


そこで、思いついて、小型のカメラグリップを誂えた。
こういうときは、まず東急ハンズ(島忠も良い)に行く。部材売り場で、棚を作るときなどにつかう「ステー」を買った(370円)。こういうものです

これを、円筒形のスポンジでカバーする(91円)

これに手元にあまっている雲台(うんだい)をネジで止める。
これで小型グリップが出来た。雲台が重いせいか、ちょっと小型のわりにずっしりしたものとなってしまったが、しばらく使ってみるつもり。

2015042502handmade.jpg

原平さんのおねしょ

赤瀬川原平さんが亡くなった。
しばらく前からアサヒカメラの連載が再掲載ものになっていたので、つまり新規に原稿を書くことができない状態だったので、あまり容体が良くないだろうとは思っていた。
そのせいか自分の心の準備ができていたらしく、それほどのショックはなかったが、しみじみとさびしい。
尾辻克彦名義で「父が消えた」という作品があったり、なんとなくこの方もいずれふっと消えていくような予感があった。

この方については、いろいろと考えるところがあって(というかファンで)、1995年に名古屋市美術館で開催した「赤瀬川原平の冒険 脳内リゾート開発大作戦」をわざわざ新幹線で見にいったこともある。


ところで、以前から気になっていたことがある。赤瀬川氏は、中学生になってもおねしょが治らず、畳を何枚もダメにしたと自分で書いている。その気になってみると、身近な人もふくめて、おねしょの上りが遅かった人に共通する点が何かあるような気がしていた(「身近な人」には、俺自身も含まれるわけだが…)。

そこでちょっと調べてみると、こんな話があった。
脳科学者はかく稽う【澤口俊之のオフィシャルブログ】
【10/01/03】坂本龍馬の脳は遅延発達?
抜粋すると、
「脳の発達が遅いことを「遅延発達(delayed-development)」というが,これはネオテニーとほぼ同義である。そして,遅延発達する脳をもつ人ほど知的能力が高い。「超知能」をもつ人は,普通の知能をもつ人よりも5歳ほど脳の発達が遅いのである。
そして--これが重要なことだが--,遅延発達が起こる主な脳領域は前頭連合野である,ということだ。しかも,好奇心や社会性,そして未来志向性に深く関わる脳領域で遅延発達は顕著である。

おしっこをガマンできるのは,霊長類ではヒトだけがもつ高度な脳機能で,そのセンターは前頭連合野内(外側下部)にある。したがって,全てではないとしても,おねしょが治るのが遅い人の前頭連合野は遅延発達である,ということができる。」
http://toshi-sawaguchi.life.coocan.jp/blog/2010/01/100103.html

つまり、おねしょが治るのが遅い人は頭が良い(ほんと?)という結論であり、その例として坂本龍馬があげられている。

この科学的?見解はちょっと言い過ぎな気もするが、それでも、おねしょで悩んだことがある人はあまり声高に語らないような印象がある。またなんとなく思慮深いような気もする。
その理由を自分なりに考えると、肉体が精神を裏切ること(おねしょするのが嫌なのに、ああ今日もまた…)を毎朝経験するうちに、自己を省みるようになるからではないか、と思っているのだが。

俺としてはおねしょの治りが遅かった著名人のリストを見てみたい。
その筆頭に赤瀬川氏が来てもいいように思う。

なんかふざけたような文章ですが、帰ったら赤瀬川氏が激賞していたKodak Retinaのシャッターを切ろうと思う(俺のは3c)。
追悼空シャッターとでもいうべきか。

パノン ワイドラックスF6BのNDフィルターについて

先日買ったパノン ワイドラックスF6Bをしばらく使ってみて、なるほどと思うところがあった。
このカメラは、シャッタースピードは、1/250、1/125、1/15の3速しかなく、絞りはF2.8~F11で、ピントは固定焦点である(5m)。
http://matsubokuri.cocolog-nifty.com/_camera_mini_museum/2011/02/post-5d6f.html
固定焦点=ピントを合わせられないということは、出来るだけ絞り込んで被写界深度を確保したい。つまり常時絞りF11を使いたい(本来ならF32くらいほしいところだが、絞りすぎると画質が落ちるので無理か)。
となると、絞り込んで使うには、低速1/15だけだとなかなか使いにくい。
もしくは高感度フィルムで絞り込みたくなるが、今度はシャッタースピードの上限が1/250だと苦しい。
例えばASA400を使うとして、適正露出は普通の昼間だとF11の1/500である。そうなると上限1/250だと露出オーバー。
そこで、付属のNDフィルターの意味が出てくる。
中古で買ったのだが、幸いなことにこのカメラの場合、フィルターが4種付いていた。カラーフィルターはあまり使わないとして、NDフィルターが付いていたのだが、お店の人にどのくらいの暗さになるか計ってもらったら(じっさいに露出計を取り出して図ってくれた)、シャッター2段分になるということだった。
ということは、F11、1/500の露出の場合、カメラにNDフィルターを装着してF11、1/125にセットすれば良いことになる。光線の強い晴天時などはF16、1/500になるが、その場合はF11、1/250となる。
ちなみに、1/15のときにNDフィルターを使うと、2段分光量が減っているので1/60と同じはずである。
そう考えると、シャッタースピードが1/500、1/250、1/125、1/60、1/15の5速あるのと同じ意味になる(1/1000はあまり意味がないのでカウントしない)。
1/30がないのと、スロー側に1/2くらいあるとなお良いのだが、とりあえずこれだけあれば写真はじゅうぶん撮れる。
NDフィルターを2段にしたというのが、なかなかよく考えられていると思った。
今は中古しかないようであるが(パノンは廃業したらしい)、もし買うならフィルター付きをお勧めします。
特殊な形状であり、ちょっと自作しにくいので。
人気ブログランキングへ

 | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad