FC2ブログ

eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2018-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nikon F2様ご入内

いまさらながら、ニコンF2を買ってしまった。
フィルム自体も風前の灯火だということは十分分かっているのだが、俺はいったい何をしたいのか。
それにしても半分ジャンク(けっこう美品で露出計も動いている)で、8,000円とはどういう値段なのか。
かつての憧れの君が、今はぞんざいに扱われているのが忍びなくて、家に来ていただいた。
家に帰ったら、カビ付きの35/2AIニッコールを付けてみようとぞ思ふ。

続きを読む »

スポンサーサイト

天と地のあいだのくそ 内藤正敏「異界出現」展

東京写真美術館で、内藤正敏の「異界出現」展を見てきた。
新宿の安売りチケット屋で早めに入手しておいたが、やけに安かったな。
内藤正敏は、「デジャブ」誌で、富士山頂からの夜間長時間露光の写真などを見て、どうも「婆バクハツ」だけの人ではないと思って、注目してきた。
そういえば「修験道の精神宇宙」もいつの間にか持っていた。

大昔、あるカメラマンと仕事をしたが(照明関係を撮るのがうまいひとだったが、おれが頼んだのは工業機械だった)、その人が写真家の吉田元さんのことを知っていることから、いろいろと話をした。
そのなかで、内藤正敏の話がでて、そのカメラマンは一度手紙を書いたことがあったが、非常に丁寧で真面目な長文の手紙が届いて恐縮したといっていた。またお金とは全然縁がない人だとも。そうだろうと思って聞いていた。

初期作品から通して見ていくのは初めてだったが、かなりの内容を持っている写真展だった。今日はNHK教育の日曜日美術館で紹介するので、混むのではないかと思って早めに行ったが、別に大挙して人が来たわけではなかった。そうだろうとは思っていたが、寂しくもある。

大学で化学を専攻しただけあり、初期作品はその傾向が強い。ビデオ映像で星新一のショートショートとのコラボレーションがあって、ちょっと面白い。
展示の最後まで見てから、最初に戻ると、ミクロ(極小)とマクロ(極大)を同じ視点でとらえていたことがよく分かる。

いくつか印象に残った写真について書いてみる。
・月夜の盆踊り
恐山での婆さんばかりの盆踊りだが、岡野弘彦の「またひとり顔なき男あらはれて 暗き踊りの輪をひろげゆく」という歌を思い出した。
この歌では男女が踊っているところが、内藤の写真とは違うが、やはり死者が戻ってきて、生者の踊りの輪に交じっているだろうなと思わせるところで通じている。
・踊る老婆
この婆様は、生者なのだろうが、没我の境地にいるようでもあり、踊りのなかではこの世とあの世はつながっているのだろうか。

そういう目で見ると、
・ホテルニュージャパンの火事
の写真は、タイトルを見たら肝が冷えた。ニュースでの大惨事の様子は覚えていたが、就職してから赤坂見附付近で仕事をしていたら、まだホテルの焼け跡の一部が残っていた。生者が我が物顔で往来しているように見えるが、じつは死が裏打ちされていることを再認識させられた。現実に、あの火事の現場ではあの世の釜のふたが開いていたのだった。
そのなかで、
・花見をする浮浪者
は、花に囲まれた世に埋もれたる賢者のような風情で、心が和むところがあった。
・流れ灌頂
は、知らない言葉だったので調べてみた。
「出産で死んだ女性の霊をとむらうために、橋畔や水辺に棒を立てて赤い布を張り、通行人に水をかけてもらう習俗。布の色があせると亡霊が成仏できるという。地方によっては水死者のためなどにも行い、供養の仕方にも違いがある。」(大辞泉)
なにか悲しいことがあったんだろうな。

この調子で書いていくとキリがない。

・遠野物語・出羽三山
については、素晴らしいので誰もがふれるだろうから、あえて書くまでもない。
それでも、
・神々の異界
には、やはり言葉にならぬ心の動きがあった(体も、かな)。どの写真も宇宙観、生命観、歴史観、様々なものが重層的に重なりつつ、一つの写真として成立している。巨大プリントにして、佐倉のDIC川村美術館で、マーク・ロスコのとなりに並べて見たいものだ。
そのなかでも、
・御来光 月山山頂
はブロッケン現象で内藤自身のシルエットが映っているが、半分くらい神というか、あの世に身を移しているようにも見えた。

最終コーナーの、
・内藤正敏の軌跡展
での、いろいろな時代の写真を並列に並べ、テーマは異なっているようだが、本質は同じものを追及しているということが如実にわかる展示は、それだけの価値がある。ここを見てから、また最初から見直すと、そのへんがよく分かる。

一番最後に、
・聖地
という写真があり、川辺に動物のフンらしきものが映っている。山のけもののフンだと思って見ていたが、図録を見ると、内藤自身のくそであった。
これを見ていたら、文化人類学者である西江雅之先生の本にあった「人は、天と地のあいだにあるくそである」というアフリカの言葉を思い出した。
内藤は、岡本太郎の写真をプリントした仕事があるが、岡本太郎はマルセル・モースに師事した文化人類学者でもあった。また内藤自身は民俗学者でもある。
相通ずるところがあるからだろうか、この言葉を思い出した。
内藤は、天と、地と、地の底の、三つでありながら一つでもある世界を、一見土俗的に見えながらも、scienceの視点を以て、写真という化学的技法を用い、かたちとして定着させているように思う。
そしてその撮影する主体である内藤自身は、天と地のあいだでは、とるにたらない「くそ」でもあるが、写真のタイトルにあるように「聖地」に生きてあることを自覚する、別格の「くそ」でもある。
とはいえ、撮影する際は主体・客体という意識を超えたところにあるのではないかとも思う。

万人向けではないかもしれないが、見るべき写真展だと思う。

浅草を散歩

ちょっと時間があいたので、浅草まで足を延ばしてみた。
かなりの人出。神谷バーの2階でいつものように電気ブランとビールを飲もうと思ったら満席だった。
浅草寺にお参りし、早田カメラをのぞいたりして時間を潰していったら、いい塩梅にすいていた。
隣の和服姿のおじさん2人が席を立った後のテーブルの上に、割りばしの包み紙で作った鶴の箸置きが置いてあった。
着物姿といい、なんとなくそれらしい好ましいかんじであった。

そういえば、先日来た時には、となりのおじさん2人がお酒を飲みながら定食を食べていたが、ご飯に手を付けていない。
で、お店の人を呼んで、カレールーだけ(実際にはカレーライスを頼んで、ライス抜きにしてもらったようだ)もらって食べていた。
なんだか楽しそうだったな。
(というか、となりで急にそういう交渉をしだしたので、ちょっと見てしまった)

世界中から善男善女が集いて、この日も浅草は賑やかでした。

20180403asakusa03.jpg

20180403asakusa01.jpg

20180403asakusa02.jpg

20180403shunjuku01.jpg これは新宿

小さくて美しい本

先日、横浜美術館で石内都展を見てきた。
なかなか言葉にしがたいのだが、行ってよかったと思う。けっして自分から写真集を買おうと思ったりするタイプの写真家ではないのだが、今回は行かなくてはならないという気持ちがあり、多少無理して時間を作ったが、行って正解だった。

横浜美術館のグッズ売り場に行くと、関連する写真集など、さまざま置いてあった。見ていると、lixil出版の「背守り」という本があった。
しばらく前だが、これをテーマにした展示があるという記事を見て、行きたいと思ったまま忘れていたことを思い出した。
手にすると、写真展で魅かれた半纏の写真があり、それがどういう意図のものであるか記されていた。というか、この展示の写真は、石内都が撮影したものだった。
さっそく買って帰ったが、美しく、内容も切々たるものがあり、解説も充実していて、とてもいい本です。めぐり合ってよかった。

このへんを見ていたら、似たような小さな本を思い出した。
アラーキーには名作写真集がいろいろあるが、なぜか好きなのが河出書房新社の「花の町」である。解説は田村隆一で、これがまた良い。

共通点は、おれが好きな本であること以外、あまりないが、どちらもしみじみとしたいい本だと思っている。
機会があれば、多くの人に手にとってもらいたい。

六田知弘さん「記憶のかけら」展

ある秋の良き日、ファーンという一声とともに、はや東海道線快速は走り出でぬ。六田知弘さんの「記憶のかけら」を見るため、伊豆の国市大仁(おおひと)の知半庵(ちはんあん)まで出かけた。この記事の基本情報はこちらから。
http://www.muda-photo.com/publicity/index.html#T170929-1
http://chihan-art.com/category/news/

そもそも「大仁」という地名が読めないくらいなので、まず行き方を考える。
調べてみると、東京駅発なら東海道線(リッチなら新幹線)で三島まで行き、伊豆箱根鉄道に乗り換えて大仁下車。このルートで来てみたが、三島駅はJRの管轄が違うのでSuicaでは清算できぬ、要注意。料金は2,720円だった。時間は2時間半くらいはかかる。
もしくは新宿から小田急で小田原へ行き、JRに乗り換えて三島→大仁という行き方もある。一番安いかも。1,994円です。
2017111201.jpg

大仁の駅を降りると、目の前に足湯があるので即ち裸足となる。わりとぬるい。ついでに鉱泉も飲む。熱い。
そのわきに写真展の看板と知半庵への行き方の地図がある。線路わきを進行方向に戻る道を行くのがおすすめ。
2017111202.jpg

2017111203.jpg

下田街道は車が多くて歩きづらいうえに、けっこう怖い。線路わきの道は城山(じょうやま)が良く見える。岩肌が荒々しい。
2017111204.jpg


しばらく歩き、知半庵に着くと、看板が出ている。
しかし左側のくぐり戸が閉まっているので、ちょっと戸惑う。
とりあえず開けて入る。入場料は当日1800円であるが、事前に予約すれば1500円。
この入場料を高いとみるか否か。俺の場合は、半日ゆったり過ごせたので良かったと思っている。

さて、知半庵は風情のある建物。歴史的価値があるという。詳しくは当該HPへ。
中に入ると、座敷に「時のイコン」の大型プリントがいくつかある。
最初の写真はPCのマニュアルであるが、よく見ると「総務部で云々」とあり、社内用に内製したものではなかろうか。それにしても分厚い。
2017111205.jpg

2017111206.jpg

奥の部屋に進むと小さいプリントがあって、手にとって見ることができる。
フォークやら、おもちゃやら、ほぼ実物大のものが写った写真を見ていると、なんだか不思議な実在感があってちょっと日常生活的な感覚とのずれが出てきたことを感じる。
さらに進むと、ハーモニカの大きなプリントと、おもちゃが写った小さなプリントのある部屋がある。
前の部屋でもそうだが、「福島県相馬市」というクレジットのある写真を見ると、目をそむけたくなる。故郷だから、こういうことが起こったことをふたたび見て確認するのがつらいんだろう。
ハーモニカの写真を見ると、吹き口のひとつひとつに、みっちりと砂が詰まっている。自然というのは妙に律儀でもあって、偏執狂的でもある。
今更ながら、あんなにしつこくものを破壊することはないではないか等とも考えたりする。

室内の白眉は、「福島原発そばの廃棄物置き場のフェンスと松」の部屋だろうか。
ガラスに貼った写真(右側)に日が差すと、もともと夕日のあたった場面の写真なので、現実なのか写真なのか、些か危うくなる。
2017111207.jpg

部屋の真ん中には袋に入ったネガフィルム。その下には昆虫の標本箱
現実から遊離しかけながら、屋外展示へ進む。 
外に出ると、広葉樹のあいだに落ち葉散り敷き、そのところどころに写真がある。
2017111308.jpg

写真に導かれるように進むと、祠のまえのきざはしに立っていた。
見上げると、柱状立石の写真が掛けられ、よく見たら蛾がとまっていた。
2017111211.jpg

2017111208.jpg

奥に見える祠に一礼し、石段をのぼる。のぼりきって祠に向き合うと、自然に拝みたくなった。
祠は二つあって、少しひらけた空間になっているが、写真と相まって異世界が広がっているように思えた。
展示を撮影していいといわれていたが、祠を入れて撮影するのはなんだか出来なかった。羊歯と落ち葉に埋もれる写真は、大昔からそこにあったようだ。
2017111212.jpg


こわいような、なつかしいような気持になって、上の祠から降りてくると、なんだか現世に戻ったような感覚だった。
とはいえ、このまま室内に戻ると震災を思い出して辛い。
屋外でぼんやりとアンモナイトの写真を見たり、柿の木のあいだをふらついてみたりする。
2017111209.jpg

そうこうしているうちに空腹に気付いたので、外に出た。
大仁には美味しいものも多いらしい。温泉もある。
写真家の六田さんは、ここに来たときは近くの温泉に必ず行くそうだ。
美味しいメンチカツのある店があるというので行ってみたが、すでに売り切れていた。うまいんだろうな。

先日、遠藤賢司が亡くなって以来、どうにもなにをしても空虚であったが、ここに来たら少し気持ちが変わった。
自分の内面のさらに奥にある泉がまた湧き出してきたようなかんじがする。
ここに来ても、なにも感じない人もいるだろうが、日常の雑事の向こうにある本質に近づきたい(思い出したい)人にはいいのではないだろうか、等と思っている。

今度の週末は、玄侑宗久さんが来て話をするそうだ。
http://genyu-sokyu.com/koenkai/index.html#171118
たまたま仕事の都合で来られないのだが、今回、あまり人がいないときに来てよかったかもしれぬ。

続猫々

2017093001.jpg

2017093002.jpg

2017093003.jpg

2017093004.jpg

2017093005.jpg

2017093006.jpg

2017093007.jpg

猫々

2017092801.jpg

2017092802.jpg

2017092803.jpg

2017092804.jpg

2017092805.jpg

2017092806.jpg


2017092808.jpg

2017092809.jpg

2017092810.jpg

つれづれ

2017092201.jpg

2017092202.jpg

2017092203.jpg

2017092204.jpg

2017092205.jpg

2017092206.jpg

最近見に行ったもの

1.コスモスとは良いものである。
東京ステーションギャラリーの「没後40年 幻の画家 不染鉄展」に行ってきた。
lNHK日曜美術館で紹介していたような記憶があって、なんだか印象に残るものがあり、新宿で安売りチケットを見つけたのもあって見たのだが、予想以上に良いものだった。
印象に残るものが多かったが、そのなかからいくつか挙げると、
・秋色山村
山のふもとの集落を描いたものだが、中心にある銀杏?の巨木に自然と目が向くようになっている。というかこれは曼荼羅ではないか。
中央の銀杏は世界の中心であり、その木は寺の境内にあり、その前景には家々、その間を通って、画面手前から道が伸びている。その道をたどると銀杏の木のある寺に行きつく。その道を左側に進むと山に入っていく。遠景には山並みがあり、全体として円形の構図になっている。木々、家々、山々がそれぞれ仏のようであり、その中心に世界樹である銀杏がある。この銀杏は、あとで出てくる、幹のところにお地蔵さんがある銀杏と同じものではなかろうか。大きな複製画がほしい。
「奈良秋景」にも印象が似ているようにも思う。
・山海図絵
代表作にして今回の目玉だろうか。かなり大きな作品(186×210)で、真ん中に富士山が鎮座し、手前には静岡県の海と町、山野が広がり、富士山の後ろには雪景色があって、どうやらそれは日本海のようである。
これも一種の曼陀羅のようであり、中心の仏の周りに宇宙が広がっている。というか富士山を中心とした宇宙が描かれているという実感がある。
展覧会の副題に「世界(コスモス)を描いた。」とあるが、これはその代表ではなかろうか。
コスモスとはカオスと対になった言葉で、大雑把に説明すると、人が暮らしていくことができる親和的な世界のこと。その反対がカオスで、だから日本語では混沌などと言うのだろう。
人が暮らしていけるということは、ある種の調和があり、人を受け入れる環境があり、そして、そこにいると心地よいだろう。だからコスモスとは単に宇宙、世界などと言うだけでは足りなくて、基本的に人にとって良いものである。それがこの絵にはある。
なにしろ大きい絵なので、1度見ただけでは足りない。
・廃船
不染鉄の作品には、家並みがよく出てくるが、ほとんどの場合、あたたかさや人の営みが感じられる。しかし、この絵の場合は、荒廃した家並みが前景にあり、後ろには巨大は廃船がある。
昭和44年(1974)の作品であり、非常に暗い画面なのは世相を反映したものなのだろう。それ以上に思うのは「廃船=敗戦」という意味ではなかろうか。では何に負けたのか。この巨大な船を見ると、なぜか遠藤賢司の「プンプンプン」を思い出した。この歌は田中角栄が列島改造論で日本を開発しつくそうしているのを歌っていて、詩に出てくる「鉄仮面」とは角栄に代表される金儲けと自分の都合しか考えない亡者たちをさしている。
https://mojim.com/twy113358x1x10.htm
不染の他の作品では調和的世界(コスモス)が描かれているが、この作品では、そのコスモスが破壊されようとしている(鉄仮面たちへの敗戦)ことを嘆いているように思えた。

ほかにたくさん良いものがあるのだが、俺の手ではとても書ききれないので、ここまでとする。夏休み中にもう一度行って来よう。

2.荒木経惟写真展2つ
・恵比寿・東京写真美術館「荒木経惟 センチメンタルな 旅 1971– 2017–」
2017081601.jpg
これは良い。
「センチメンタルな旅」は、最近のプリントだろうか。復刻版「センチメンタルな旅」では、よく見えなかったところまで、きちんと見えて、そうすると陽子夫人の将来に思いがいってしまい、さらにものがなしい気持ちになってくる。
たかが組み写真で、しかも他人の新婚旅行なのに、なぜか一緒にセンチメンタルな旅をしていることに気付く。
「東京は秋」「センチメンタルな旅・冬の旅」「 空景/近景」「愛しのチロ」等繰り返し見た作品が多くて、作品数は多くはないが、とにかくこれは見たほうが良い。

・ 東京オペラシティ「写狂老人A」
これは好きな人だけ行けばいいんじゃないか。その割に高い。
近作中心なのは、アラーキーが元気なのが分かって、それは良いのだが、なんとなくとりとめがない。
見ものは電通時代に作った「八百屋のおじさん」のスクラップブック(複製)を手にとってみられること。
ちょっと思い出したが、大昔にここでヴォルフガング・ティルマンス展を見て微妙な気持ちになった。このときは写真自体は良いのだが、変な違和感があって、ひょっとして、ここって学芸員が勘違いしているんじゃないかという気もする。
まあ、門外漢の戯言ということで。
2017081602.jpg

2017081603.jpg

人気ブログランキングへ

 | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。